今回ご紹介する本は有川浩さんの『フリーター、家を買う。』です。ドラマ化もされたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。ドラマサイトでストーリーを確認したところ、原作とは設定が違う部分もあるようです。こちらでは原作に基づいてご紹介したいと思います。

主人公が新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めてしまうことから物語は始まります。一緒に研修を受けた同期達のように、熱意ある新人にも優秀な新人にもなれず、要領の悪い奴というレッテルを貼られたことに耐えらず辞表を提出しました。広い東京で仕事なんかいくらでもあると思っていたはずが、仕事は一向に決まらないままズルズルと時間だけが経過していきます。就職活動の片手間にバイトを転々とし、口うるさい父親を避け続けている間に母親の様子が急変しました。精神のバランスを崩してしまったのです。自分がのほほんと暮らしていた地域も、家族も、自分に見えていたのは表面だけだったと主人公は衝撃を受けました。

この本は物語としても勿論面白いのですが、就職活動中の方にとっても参考になる部分が多くあります。例えば面接では「なぜ主人公が面接で落とされたのか。」「事実は同じでもどう表現するべきだったか。」など。また会社を選ぶ基準として条件だけではなく、どういった部分を含めて判断するかも参考になります。確執のあった父親から教えを乞う部分は、上司に対してどのように接すればお互いに有益なのか、職場でのコミュニケーションの参考にもなるではないでしょうか。

主人公は就職が決まるまでのつなぎとして働いていたバイト先で信頼を得て、そこから就職しないかと声もかけられます。私の身近なところでは、求人情報には直接雇用の提示はされていなかったバイトや派遣先でも、能力を認められた方には声がかかっているようです。雇用する側としては、最初から全く能力を知らない人を採用するよりも確実に良い人材を雇うことが出来るからでしょう。

こちらの主人公は最初はダメな奴ですが、家族と向き合うことでどんどんと成長して行きます。面接を受けてもなかなか決まらない、そういった状態の方は一度足を止めてこちらの小説を読んでみては如何でしょうか。きっと沢山の発見がこの本の中で見つけられると思います。

情報紹介:モーリオの求人サイト管理人kumiko